特許について

()本展は、特許庁長官が指定する特許法第30条第3項等の規定に基づく博覧会となりました。

 

()上記規定に基づく新規性喪失の例外措置を受けるために必要となる出展証明書は、出展者にて作成し、主催者へご送付ください。主催者にて、押印後、返送いたします。なお、出展証明書には、本展会期中に、申請製品などを出展した事実を証明する写真(ブース全景および製品写真)を撮影し、添付してください。

 

()その他詳細につきましては、特許庁ウェブサイトをご参照いただくか、弁理士などの専門家へご相談ください。

 

※本件に関してのお問い合わせは包装技術協会までお願いします。


第五回

パッケージデザイン

パビリオン

■主催

公益社団法人

日本包装技術協会

■運営

 公益社団法人

日本インダストリアルデザイナー協会

東日本ブロック

事業委員会

PDP運営部会

 

■協賛

公益社団法人日本パッケージデザイン協会
公益社団法人日本パッケージデザイン協会
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会
公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会
一般社団法人日本デザイン保護協会
一般社団法人日本デザイン保護協会

日本弁理士会

■協力

日本デザイン団体協議会(D-8)デザイン保護研究会